--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真HIDE×SEEKを通して見るRPG論雑感(探求編)

2012年10月23日 23:02

前回の続きで、やっと真HIDE×SEEKについての話題です。

まず真HIDE SEEKの魅力を考えてみたいと思います。

一、魅力的なキャラクター達

これについては異論が無いと思います。
不人気キャラで逆に話題になっているJも含めてですが、個性豊かで見ていて飽きることがありません。何かと何かは紙一重、作者は絶対薬やりながら作ってるぜ!って思うほどに強烈な個性が出ています。
特に凖レギュラーになっているデズニーキャラは執拗な程に登場し、醜悪な個性で物語を盛り上げてくれます。

一般家庭用ゲーム機のゲームで、これは出来ません。
誰だってデズニーは怖い。
そこを躊躇いなく踏み込むアグレッシブな面がこのゲームの魅力であると考えます。

二、展開の読めないストーリー

読めるわっきゃねえ!って毎回思うでしょう。
しかも、先の展開を知ってても吹いてしまうんですこれが。
写真を取り込む手法が特にズルい。 半急Ω線なんて耐えられるわけがありません。

後、矛盾点もいくつかあったみたいですが、意外によく練られた世界観とストーリーも忘れてはいけません。
特に各章最後の盛り上げについては感嘆の言葉しか出ません。

三、身内の中での話題

前回のブログで書きましたが、ネットの無かった時代では主な攻略情報は友人間の情報交換にありました。
昨今、どんなゲームをするのにも攻略wikiがあるので、詳細な情報を瞬時に取り出すことができます。
海外ではそういうものをスポイラーと読んでますが文字通り攻略の楽しみをspoile(損なう、台無しにする)してしまうもののこととです。
これはプレイに対するストレスを極限まで下げることの代償に、楽しみの大部分を減らしてしまう結果になります。
時間の節約といった観点からは非常に合理的ではありますが、逆に時間の節約をするくらいなら最初からゲームなんかするんじゃねえという見方もできます。
(私はゲームのジャンルによりますが、面倒なので攻略サイトを見る方です。)
話が少し逸れましたが、このゲームについては市販のコンシューマーゲームではありませんので、攻略に関して作者本人に聞くか先行してプレイしている友人から聞くしかありません。
逆に自分がプレイして気付いたことを他プレイヤーに情報として流すこともありえます。
情報交換による感想の共有、共感を通ることによりプレイヤー同士の一体感を得ることができるのです。
蘇る小学生の思い出、きっと分かるはずです。



ぱっと思いついたところでこの3つくらいでしょうか。
カオスな内容ですが、RPGとして重要なファクターをきっちり押さえているのはさすがの一言。
しかしながらここまでべた褒めをすると胡散臭い感想になるので悪い点も分析してみましょうか。

悪い点

1、くどい

セリフが全体的にくどいです。
彦右衛門自身の性格による所が大きいとは思いますが、とにかくキャラの言ってることがくどく感じられました。
これは好みの問題もありまして、天下一品のこってりラーメンの好き嫌いに通じるところがありますが、テキスト量もかなり多くて見づらい部分も多々見受けられました。

2、RPGとしての存在感が薄い

内容の濃いシナリオには特筆する部分が多いのですが、肝心のRPG部分がシナリオと比べて薄く感じられました。
これも好みの問題だとは思いますが、シナリオを追っかけるのに楽しみを見出す人も居ますし、ゲーム部分の達成感を満たすことに楽しみを見出す人も居るので一概には言えませんが僕自身はゲーム性志向ですので、1部よりゲーム性を重視した2部をもっと発展させて欲しいところです。


悪い点は上記2つになります。
どちらも好みの問題ですので無視できると思いますが、少し気になったところでもあります。
んでも、個性が出てて非常に面白い部分でもありますので、このままの路線で行く方が面白いかと思います。

つらつらと書いて何が言いたいかと言いますと、作成する個人の個性にゲームの大部分が決定されていますので、自分が作りたいものが自分にとって面白いものになるから、周りがなんと言おうと自分の作りたいものを作るのがツクールの楽しみ方だと思うわけです。
当然アドバイスを受けて改善するのもアリです。作品をより良くするのも楽しみ方の一つです。ただし自分が楽しむのを最優先にすべきだと僕は思います。
別に作品で金を取ってるわけではないので、好き放題やるべきではないでしょうか。
少なくとも僕は好き放題やるつもりです。彦右衛門も好き放題することでしょう。
プレイする人をびっくりさせたい、面白いと感じさせたい、僕の考えるゲームが他の人にどう感じるかを知りたい。自分のゲーム理論が通用するか知りたい。
そんなところです。
あとアドバイスや感想、批判は作成者の栄養です、ガンガン言ってやって下さい。
常日頃から彦右衛門も感想をくれと言っています。スルーされるのが一番堪えると思いますが。僕も十分に堪えますし、期待にも答えたいと思います。

ええ、ちゃんと作ってるってばよ!

以下続く
スポンサーサイト

真HIDE×SEEKを通して見るRPG論雑感(懐郷編)

2012年10月07日 22:20

以前もブログで書いたかもしれませんが某彦右衛門氏の迷作RPGである真HIDE×SEEKをプレイする上で、自分自身で考えていたRPG論について思うことがありましたので、ダラダラ書いていこうと思います。
※以下思い出話で真HIDE×SEEKの話は無いので読み飛ばし可

僕の初めてのRPG体験はファミコンのドラクエ1でした。
当時小学生1年くらいで、うろ覚えではありますが、洞窟の暗闇に恐怖したことと
まどうしのギラが強くて難儀したことを覚えています。

時間は少し流れてついに我が家にもスーパーファミコンがやってくる時が来ました。
初めてのソフトはファイナルファンタジー5です。
3のシステムを継承発展させたジョブチェンジシステムは画期的で、友達と有効なアビリティの組み合わせを思案して情報を交換しあっていたものです。
そしてスーパーファミコンで最大の大作RPGテイルズオブファンタジアの衝撃も忘れられません。
ボイス付きのゲームは「燃えろプロ野球」が既にありましたのでそこまで斬新なものではありませんでしたが、
オープニングの主題歌から始まり個性豊かなキャラクターが織り成す魅力的なストーリー、エストポリス伝記ばりのダンジョン謎解き、今までに無い半アクション戦闘といった、これでもかというほど作り込まれたゲームとして夢中になったのをよく覚えています。ついでにいうと後発のスターオーシャンもパクりパクりと言われながらも独自システムをよく練りこんだ傑作だと思います。(ストーリーは印象に残っていませんが)
その後のプレイステーションの覇権が確定した出来事であるファイナルファンタジー7の発売も当然発売日に購入してプレイしていました。
ここくらいまでは同年代のゲーム野郎なら誰でも通った、いわゆる王道であると思います。


ただ当時リアル中二であった自分は、他人とは違うゲームをやってる自分かっこいいというのがありましたので、少し道を外すこととなりました。


ウィザードリィです。(ちなみに7)

懐古主義どころか、てめえリアルタイムでやってねえじゃねーか、な感じですけど、
メロコアが流行っている時代にジャズやフォークソングを嗜むがごとくウィザードリィに興味を持ってしまったのです。
ついでに言うと某アキラ氏大好きメガテンシリーズは残念ながら僕の周囲にやる人が少し居たので他人とは違うゲームには該当しませんでした。

ウィザードリィは元祖コンピューターRPGということで今までにやってきたストーリーメインのRPGとは一線を画するストーリーの意味不明さ理不尽さ主人公チームの無個性さが僕の心に大きな衝撃を与えました。

そう、初めてドラクエをやった時のような感覚です。

ウィザードリィ7は特に不親切さが目立つゲームで、オープニングのくだりが終わった瞬間フィールドにどんと落とされて、後は好きにしろと言わんばかりに放置されます。
説明書に書いてある街にとりあえず行こうと街道に沿って進むといきなりイベントが起こりねずみ男の集団が襲ってきました。

文章が長くなるので、はしょりますがパーティーはなす術もなく全滅。
最初の街にすら辿り着けない始末です。
RPGの基本である、街を拠点に攻略を進めていく定番のパターンが全く使えんのです。

なんじゃこのクソゲーと半泣きになりながら(当時の小遣いから捻出した5800円は非常に大きかった、新品で買うんじゃねえと当時の自分に言いたい)説明書の地図欄を読むと、街とスタート地点の近くにダンジョンがあるのを見つけました。
名前は

スターターダンジョン


……親切な名前なんですが若干分かりにくくないですかこれ。
リアル中2の英語力ではスターターの意味が理解できませんでした。

まあ、結局スターターダンジョンに回復ポイントがあるので、そこを拠点にレベルと装備を集めていくのですが、クソゲークソゲーと文句を言いつつ一つずつ進めていく度にこのゲームにハマっていく自分が居ました。
厨二病とか関係なく純粋にゲームを楽しめた瞬間です。

数々の謎を解き明かし一歩ずつ行動範囲を広げていき
強力な敵を倒し、ご褒美に財宝を頂く。

僕のRPGにおける根元はこれにあるのだと確信しました。

つづく



ブログ更新強化月間

2012年10月04日 16:13

某氏が10月はブログ更新強化月間と書いていたのでつられて更新することにしました。

大分放置気味だったので、ネタというネタがありませんが下記のものを購入したので報告します。


image.jpg
下記の物


ipad用のカバー兼キーボードです。

評判が良かったので買ってみました。

タッチキーボードってどんなに進化しても使い辛いのは変わらないので

物理キーボードが最強なのは確定的に明らかです。

ちなみにこの文章もipadで書いてます。

ついでに言うと写真もiPadで撮ったものです 解消度が酷いことになってる…

これで外出先でもブログ更新が出来ますね。

外出先で更新する余裕あるのかって?



そんなものウチには無いよ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。