--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文

2015年01月31日 21:27

友人たちのブログは模型やら写真やらにアイデンティティを持っているそうですが、当ブログは

あくまでチラシの裏なので気にしません。 あとで見直して恥ずかしい思いをするためにあるのです。




(本題)
結構前からなんですが、勤務先が滋賀県から京都に移った際に自動車通勤から電車通勤に変わりました。

実は生まれて始めて通勤、通学で電車を使うようになったのです。

約30分の電車の中で暇を潰すために、小説を読むようになりました。 普段は漫画ばかりなのにね!

んで、最近読んだ本の感想文をつらつらと書こうと思います。



1、
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
(1999/04/09)
貴志 祐介

商品詳細を見る

気がつけばそこは砂岩に囲まれた見知らぬ場所で、強制的にサバイバルゲームをさせられる…といったお話

こういうお話は舞台も目的も不明のまま主人公が手探りで手がかりを掴んでいく感じが醍醐味だと思いますので

非常に楽しんで読むことができました。主人公チームと他チームとの交流が少し物足りない感じかな?

なんともひたすらトカゲを食ってるイメージが強い。

ラストのオチがちょっと尻切れトンボになってる感じがするので、もう少し尺を伸ばしてじっくり読んでみたかった作品です。 



七回死んだ男 (講談社文庫)七回死んだ男 (講談社文庫)
(1998/10/07)
西澤 保彦

商品詳細を見る


突然同じ日が9回繰り返される「体質」をした主人公が、繰り返される日の中で何回も殺される祖父を助けるために

奮闘するループ物の作品

作者の著者リストを見ると中学生の頃に読んだ「複製症候群」の作者だったことが分かり驚愕。

上記作品は触れると自分自身のクローンが出来るモヤに閉じ込められた街の話で、今作と同様に変化球気味な

ミステリーで大変面白かった記憶があります。

同じループ物である森見登美彦の「四畳半神話大系」※は毎回同じ導入部が続くので少々うんざりしながら読んでましたが

今作では主人公がループを自覚しているので何故毎回祖父が死ぬのかといった思索や、

少しづつ明らかになっていく事実によって読者と主人公がユニゾンしていく……そんな感覚が心地よかったです。

祖父の遺産を巡る骨肉の争いというと暗いイメージが先行しますが、今作では登場人物のキャラクターの濃さもあって、

ある意味コミカルな内容に仕上がっていると思います。

ループする「体質」のため、実年齢より老齢した主人公の微妙な心境描写と、

何気ない伏線を少しづつ回収していく展開が非常に楽しめた作品でした。

※四畳半神話大系はループ物じゃなくて平行世界ものでした!


折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
(2010/11/27)
米澤 穂信

商品詳細を見る


「氷菓」や「インシテミル」の作者の作品。

12世紀末のイングランド領 ソロン島という小さな島が舞台。ちょうどリチャード獅子心王とジョン欠地王の時代です。

なんといってもこの話のキモは「魔法」が存在する世界なのです。 旅芸人の怪しい芸とかでは無く、

一般的では無いがはっきりと認知されている秘術として魔法が登場します。

この話はそんな魔法が存在する中でのミステリー(殺人事件)

魔法があれば何でもありじゃねえか!ってなると思いますが、そこらへんはミステリーのお約束ごとを踏まえた上で

しっかりミステリー物として見せてくれます。作中では「理性と論理は魔術を打ち破る」と言っていますがこの作品を表した

セリフだと思います。

あと探偵役の実直な騎士と助手約の小生意気な従者とのやりとりが見ていて気持ちよかったです。

「ふらつきながら街を歩くつもりですか、足手まといですよ。指示をください。なんでもやりますから」
「口の悪い従士だ」
「育ちが悪いので」

うーん、非常に良い。こういうやりとり好きです。

ラストもこの2人の深い絆がよく描写されていた思います。





もっと色々読んだんですが、長くなりそうなので今回はとりあえずここまで!

次回はいつになるのやら…
スポンサーサイト

滋賀県高島市 蛇谷ヶ峰

2015年01月12日 19:05

僕は断然、高雄派!



こんにちは、はるいちです。

先日アイゼンを購入しまして、せっかくだから行ってきました。

比良山系 蛇谷ヶ峰(じゃたにがみね) です。

写真 [9]_R
朽木 グリーンパーク内の駐車場より(標高340m地点)

大津の自宅から自動車で約2時間。おもったより遠くて時間がかかっちゃいました。

今回は出発が大分遅かったので頂上まで行かず、装備の具合の確認と屋外ランチだけに。


写真 [7]_R

写真 [2]_R

標高440m地点です。
気温が上がって大分雪が硬くなっていました。 踏み固められていないところを進むのにはスノーシューが無いと
しんどそうです。(嫁さんに欲しいと言ったら、要らないとつっぱねられました。)

今度は早起きをして頂上まで登りたいと思います!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。