--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原諸島旅行記(前編)

2014年09月15日 22:09

ずっと更新を停止していたので見てる人も居ないかなと思って7ヶ月もさぼっていたブログですが

先日の大阪で開催された野郎飲み会で更新しろとのありがたいお言葉を頂きましたので、久しぶりの更新です。


11月に入籍して、4月に結婚、6月に新婚旅行と人生一大イベントが津波のごとく押し寄せた年になりました。

30にして人生の節目が一気に来たので、だいぶビビってるこの頃です。





前置きはいいんですが、新婚旅行の写真を見せろとのことでしたので、さくっとアップしてみます。

写真枚数が多いので、某アキラ氏のように前後編分割方式でイきたいと思います。

暇だったら見ててね!




新婚旅行の行き先は日本でも最も移動に時間がかかる場所として名高い『小笠原諸島』に行ってきました。

飛行場が無いので、必然的に船旅になるのですが東京から1000km離れてるということもあり、所要時間なんと25時間!

船酔いしたらこの世の地獄が見れること間違いなしです。

小笠原諸島への唯一の連絡船『おがさわら丸』にのっていざ出発!!

おが丸

この船の船室には2等客室から特等客室までのグレードがあって、2等客室は雑魚寝の相部屋で特等はホテルばりの

豪華なベッドルームになります。 

当然運賃差は激しくて2等の2万5千円くらいなんですけど、特等は約3倍の7万円!

片道でこれなので往復となると大きな出費になるため、特等はちょっと……でもせっかくの新婚旅行だし雑魚寝はちょっと

ってな感じのコウモリ野郎を発揮して間の一等船室(約5万)になりました。

船旅中は酔い止めとビールのため終始ゴロゴロして寝てたため、ろくに写真を撮っていません!

まあ、波も穏やかで非常に快適な船旅であったことは言っておきましょう。

そんなこんなで25時間後小笠原諸島の中で一番発展している島である『父島』に無事到着

父島入り

とても空が綺麗ですね。 この日は6月21日でちょうど梅雨が明けたとのことです。タイミング最高!!

小笠原諸島の梅雨は6月の頭には明けるそうですが、今年は遅くまで梅雨が残ってたとのことでした。






以下面倒なのでつらつらと1日目と2日目の写真を

IMG_0166_R.jpg

おう、ジョーズ。
味は普通の白身魚でした。

IMG_0173_R.jpg
IMG_0202_R.jpg

小笠原諸島といえば青い海!
下のは父島の中で一番高い山から撮った写真です。
亜熱帯の島は雲が本当に低く出来るのね。

IMG_0195_R.jpg

父島内で最も栄えている地域を上から。繋留してるのはおがさわら丸ね。

コンビニねえ、銀行ねえ、島に来てから信号一つしか見てねえ

IMGP0019_R.jpg

世にも珍しい光るキノコです。 グリーンペペというとか。
間近で見てようやくわかるような淡い光なのに、遠目からすぐわかるガイドさん半端ねえ。



以下後編で



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。